前向きな気持ちになれる電話占い師との時間

話を聞いてもらった男性は、「頑張ろう」という気持ちになることができます。また話を聞いてもらいたくなったときはリピート、という具合です。

占い師が占いで使用する道具

もしかしたら女性とは占いに対する感覚が違うかもしれませんね。でも、占い師はそんなこと気にしていません。占った方が、あなたが、どうすれば幸せになれるかを一番に考えてくれます。

心強い味方です。人生の中では様々なアクシデントがあります。それを未然に防いだり、知っておきたいということから、「占い」を受ける方が多くいらっしゃいます。

ところが、占ってもらった結果と、こんなものだろうと予測していたことが全く食い違ってしまうこともあります。そのような場合、どのような受け止め方をすればよいのでしょうか。

一つ目に、「占いが必ずしも当たるわけではない」という根本を認識することが必要です。占いは、人間が編み出した手法の中で行うものですから、自分が予想していた結果とは違う意外な結論が出ることがあります。

それが良い方向に振れればよいのですが、悪い方に触れてしまった場合、「この占い師は当たらない」などとキレる原因になります。

しかし、冷静に考えてみれば、占い師は占いに基づいて全て話しをしているため、私達が予測していることなど知る由もありません。

「果たして予測が外れて悪かったのか」二つ目に、「果たして予測が外れて悪かったのか」と考えてみましょう。予測は、自分にとって良いような考えをしています。

占いは、客観的に結果を言い渡すため、良いも悪いもなくありのままの事実を伝えてきます。最初は辛いでしょうが、今の私のここを変えたら良いのだなとか、今後このようなことが起きるかもしれないから予め準備しておこうと前向きに捉えることが大切です。

占いで重要な要素となる「相」について

数ある占いの中でもその多くは4種類のジャンルに分けられているそうです。その中でも「相(そう)」と呼ばれるジャンルの占術は、占い当たると実感する事が出来る占術が多くあり、現実に目を向けつつ、これからの対処法を切り開くような事柄に向いている占術が多くあります。

掌で浮かび上がる沢山の数字

「相」に含まれる占術とは

現在現実に目に見えている事から占いをする事が大きな特徴の「相」のジャンルの占術は、人の顔や手相、家相、名前等によって占いをする物が多くあります。

例えば、人相、手相、風水、姓名判断等です。これらは、現在現実にある物や、目に見えている物を基準として占うので、確かな証拠を基に占う事が出来る占術だと思います。

位置づけとしては、動かぬデータを基に占う「命」と人の気持ち等のようなう地理変わる内容を占う「卜」の中間のような所がありますが、「相」は今現在で確かなデータに基づいて将来や近い未来等の移り変わる可能性のある物を占う事が出来ます。

占いに不信感のある方でも、占い当たると実感する事が出来るのも、この「相」が一番多いような気がします。

「相」は現実を見つめ直す事に有効な占術

「相」は今現在を見つめ、それを基に占う占術ですので、自分が置かれている現状を見つめ直す事が出来るとも判断する事が出来ます。

その為、自分自身を見つめ直す機会にもなり、自分自身の努力と占いを合わせてこれからの未来を切り開くようなイメージであると言えます。

目安>>電話占い